ばね指について

「指を曲げたら戻らなくなる」「指の付け根がズキズキと痛む」といった症状がある場合、それは「ばね指」かもしれません。ばね指は「腱鞘炎」とも呼ばれ、指を曲げるのに必要な「屈筋腱」が炎症し、痛みが生じます。

指の付け根には曲げたり、動かすために腱鞘があります。腱と腱鞘との間に通過障害をきたすことより、指の付け根の痛みや腫れ、熱感が生じるのです。

ばね指の原因

ばね指の原因として考えられるのは、指の使いすぎです。パソコンやスマホなどの操作、スポーツ、仕事などで手を頻繁に使う人が発症することが多いと言われています。

ばね指は指を曲げる腱が引っかかることで起きるのですが、手を使う頻度が高い人は腱鞘の中を行ったり来たりするようなことが多くなり、腱鞘炎が起こる可能性が高くなってしまいます。炎症した状態で指を動かし続けるとさらに症状がひどくなり、動かせなくなってしまうこともあるようです。

加齢や老化・女性ホルモンによることも

指の使いすぎ以外でのばね指の原因では、加齢や老化というものも考えられます。年齢を重ねると、屈筋腱と腱鞘の間のすべりが悪くなってしまい、炎症を起こしやすくなるのです。また、女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、骨や関節、じん帯などに作用し、全身を守る役割を果たします。

そのため、エストロゲンが減少する更年期はばね指を発症しやすくなり、妊娠中や産後などで女性ホルモンのバランスが崩れることがこの症状の原因になっているとも言われています。

ばね指でお悩みなら当院にお任せください。

ばね指でお悩みなら西東京市にある和心接骨院にお任せください。
当院では最初にしっかりとカウンセリングを行い、痛みの症状やお悩みなどお聞きします。痛い部分や症状をしっかりと見極め、改善するためこれからの施術計画をたてております。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:042-452-7337

WEB予約

和心接骨院

住所:〒188-0011
東京都西東京市田無町3-5-5-1F

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日

最寄駅:西武新宿線「田無」駅より徒歩7分