坐骨神経痛について

坐骨神経痛とはどういう症状かというと、下肢に現れる症状の総称の事で、お尻から下肢にかけて痛みや痺れが続く状態の事を言います。あくまで症状なので病名ではありません。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛が起こる原因は何かというと、腰椎の疾患が多いです。中でも特に多いのが腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアです。

腰部脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛

腰部脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛は、加齢によって脊柱管が狭くなり、神経を圧迫する事で痛みが出ます。50歳以上の中高年に多いですが、脊柱管が元々狭い人はもっと早く出る人もいます。特に体を後ろに反らせると神経を圧迫する為痛みが出ます。

その為高い所のものをとったり、腰を捻ったり、背筋を伸ばす動作をすると痛みがでやすくなります。逆に前かがみになるような自動車の運転や、靴下を履くといった動作動作は楽に行えます。

腰椎椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛の痛みは、椎間板がつぶれて飛び出す事で、腰椎の神経を圧迫して痛みが出ます。若い世代に多いのが特徴で、20代が最も多く、その後に30~40代、そして若い10代にも症状が出るというのが特徴です。

痛みは前かがみになると出やすい為、あぐらや中腰等はなるべく控えましょう。他にも骨粗鬆症や腰椎圧迫骨折、筋肉の衰えも等も坐骨神経痛になる原因です。

坐骨神経痛でお悩みなら当院にお任せください。

坐骨神経痛でお悩みなら西東京市にある和心接骨院にお任せください。
痛みが辛すぎて普段通りの生活や楽しいことができない…おもいっきり運動をしたい…などのお悩みの方のためにしっかりと施術を行い根本から改善するよう努めております。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:042-452-7337

WEB予約

和心接骨院

住所:〒188-0011
東京都西東京市田無町3-5-5-1F

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日

最寄駅:西武新宿線「田無」駅より徒歩7分