梨状筋症候群について

身体にはいくつもの神経が通っていて、足とお尻を繋ぐものは座骨神経と呼びます。それは骨盤から梨状筋という筋肉の下を通る形となっていますが、梨状筋が座骨神経を圧迫することがあります。その状態を梨状筋症候群といいます。

梨状筋症候群の原因

主な原因は梨状筋が柔軟性を失って固くなってしまうことで、足の付け根辺りに痛みを感じる症状が発生します。梨状筋が固くなる原因は個人によって色々なものが考えられ、よくあるのがスポーツなどで負担をかけることによる疲労の蓄積です。

股関節は足を横に開いたり斜め前後に回転するような軸にもなるため、非常に複雑な構造をしています。そのため股関節の異常でも梨状筋症候群に繋がることもあります。

股関節周辺は負担がかかりやすい部位なので、梨状筋症候群以外にもヘルニアなどで痛みが引き起こされることもあるため、まずは診断ではっきりさせる必要があります。

悪化すると手術が必要な場合も

原因は梨状筋が固くなってしまうことなので、対策としてはストレッチが有効です。ゆっくりとした動きによって筋肉に柔軟性を持たせ、神経を圧迫しないようにコントロールします。複雑な構造である股関節で他の部位を傷めないように、専門家による施術が望ましいです。

また神経が圧迫されることによる痛みに直接対処するために、麻酔を投与するブロック注射や鎮痛剤の使用も効果的です。そしてそれらの治療でも症状が改善されなかった場合は、手術という選択肢もあります。神経を圧迫する梨状筋をストレートに切開する内容です。

梨状筋症候群なら和心接骨院にお任せください

梨状筋症候群なら西東京市にある和心接骨院にお任せください。

当院では施術前にしっかりとカウンセリングを行いどこが痛いのか、どのような動きで痛むのかなどお悩みをお聞き致します。その後、治療計画を立て患者様お一人お一人に合った施術方法をご提案します。的確な施術を施すことであなたのお悩みを解決いたします。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:042-452-7337

WEB予約

和心接骨院

住所:〒188-0011
東京都西東京市田無町3-5-5-1F

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日

最寄駅:西武新宿線「田無」駅より徒歩7分