ゴルフ肘について

ゴルフ肘という症状はスポーツ障害の1つで「上腕骨内側上顆炎」という呼び名があります。ゴルフクラブのスイングや握る動作が深く関係している事から、ゴルフ肘とも呼ばれています。

痛みの特徴としては肘の内側に触れると痛くなる事があり、手首を上側に返した際などにも痛みが発生する事が特徴です。

肘の内側は「内側上顆」という部分の骨の出っ張りが痛むのが特徴で、ゴルフ時以外でも腕を曲げたりひねったりしても痛みますので、日常生活にも影響してくるでしょう。

ゴルフ肘の原因

ゴルフ肘の主な原因としては、手首や腕の筋肉部分をゴルフスイングなどで酷使する事が関係します。筋肉を酷使する事で内側上顆の炎症が引き起こされ、ゴルフ肘の原因に繋がってきます。

ゴルフのスイングは独特の動きが特徴ですが、初心者の段階でゴルフ肘になりやすいとされています。

その理由としてはスイング時に余計な力みが多くかかっていたり、いわゆるダフリが多いというケースがあるためです。また体の全体でスイングするのではなく、手だけでスイングしてしまったり、肘の使い方も影響しているとされます。

上級者になるとスイングもスムーズになり、ダフリも少なくなってきますので、自然とゴルフ肘になるきっかけが少なくなると言えるでしょう。

またゴルフ以外のスポーツでもスイングをともなう競技なら可能性がある症状ですし、仕事などでもゴルフ肘になる事が考えられますので、無理な動きなどは避ける事が無難と言えます。

ゴルフ肘なら和心接骨院にお任せください

ゴルフ肘でお悩みなら西東京市にある和心接骨院にお任せください。

当院では、どんな痛みでも幅広く対応し相談に乗り、分かりやすく説明しています。説明を理解してもらった上で患者様お一人お一人にあった施術を行ってまいります。痛みが悪化する前に、是非、気軽にご相談ください。御来院を心よりお待ちしております。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:042-452-7337

WEB予約

和心接骨院

住所:〒188-0011
東京都西東京市田無町3-5-5-1F

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日

最寄駅:西武新宿線「田無」駅より徒歩7分